PEOPLE

SURF

間屋口香

間屋口香(Kaori Mayaguchi)

プロサーファー

http://www.kaorimayaguchi.com

四国・徳島県をベースに、サーフィンの楽しさを多くの人に伝えたいと様々な分野で活動中。父親の影響で幼少から海のそばで育ち、中学、高校はマウイ島・オアフ島で過ごしサーフィンの虜になる。16歳で帰国後は、18歳で全日本タイトルを獲得し、19歳でJPSAプロ資格を取得。20歳でJPSAプロツアーチャンピオンとなり、計3回のツアーチャンピオンとなる。ASPにおいてはWQS6☆にて5位の自己最高記録保持。WQS2008年ランキング23位。2010年に25歳でコンペティションシーンから引退する。 現在は国内外の様々なスポットに出向いて、フリーサーフィンをメインに活動。ショートボードにこだわらず、様々なスタイルのサーフィンを模索している。2009年にホームの徳島県海部郡宍喰にオープンさせたPavilion Surf(パビリオンサーフ)では、キッズ無料サーフレッスンや、SUPクルーズのツアーも行っている。

Sponsors:ROXY, REEF, OMER, Tools(1world), Cocosunshine(SnipeSports), DHD Surfboard, PavilionSurf,H.L.N.A

Instagram

2016/4/22(Fri) 10:38

徳島県南、セミが鳴き始めました。 (^o^) ef73d67a0ce98bc1cdd6e35e84223dd9bef7068b.jpeg
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/4/21(Thu) 21:46

天気図

image.jpeg 

 天気図とにらめっこ。
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/4/04(Mon) 21:51

My first Snow Magazine

私にとって初めて手にしたスノーボードの雑誌。 

 受け取った時、 なんだかドキドキ緊張。 

 バイブルを手にしたような気持ち。 

 これは部屋をきれいにして、 落ち着いて、 一人の時に見よう!
と思い、 その場では開けず。 

FullSizeRender-2.jpg

部屋をきれいに片付け、 
このマガジンを開けると、 
想像以上の世界が広がっていました。 

 日本の山の写真もきれいだし、 
スノーボーダー皆がかっこよすぎた。。。 

 私は全くといっていいほど山・スノーボードの知識が無いし、 
一人で山に入ったら一瞬で死んでしまうレベルだけれど 

だからこそ、 この一冊目の本は 四国にいながら山への夢を見させてくれる。

snow.jpg


先週、四国に1週間こもっていたTOMO君↓ 

 Tomo君が"点"な感じと、 
山がすごい。。。

tomo.jpg


TOMO君ありがとう!!

スクリーンショット 2016-04-04 22.04.47.png

井上智秀 
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/3/22(Tue) 18:50

旅の代償

旅の代償。

旅に出てマイナスになることは無い!
旅とは投資だ!

そんな勝手な哲学を持っています。

(家族や周りの理解、サポートしていただいている会社さん達があるからできているのですが)


ただ、今回は初めて、
"これが旅の代償か?"と思っているところです。

IMG_7179.JPG

オーストラリア最終日。
左足首がパンパンに腫れました。

靴が履けないくらい膨らみ、
くるぶし、筋がどこにあるか分からないくらい風船のようになりました

もちろん痛くてまともに歩けない。


こうなった理由ははっきり分からないのですが、
多分、切り傷 or 虫さされ から菌が入り、炎症を起こしたようです。

旅の最終日にこの状態で良かったのですが、
空港までたどり着けない、と思うくらい痛みがひどく終始しかめっ面でした。

関空に到着したら、出国手続きをする前に検疫へ。

そのまま関空のクリニックへ行くように指示され、
点滴が始まりました・・・

tenteki.jpg

それから今日でちょうど6日目。

毎日、地元の病院に通い、

毎日、点滴。腕に針を刺されるという日々。

今日の血液検査で数値は良くなり、ようやく通院は終わりになりそうです。

あ〜。
長旅で体が弱っていたようです。

食べるものには気を使っていたつもりですが、
インドネシアは生野菜が食べられないし、
オーストラリアでも運動量と比較すると栄養が足りなかったのでしょう・・・



地元のスーパーに行くと、
豊富な野菜の種類と、値段の安さに感動しました。

今日は自分で自分へ完治祝いします。


IMG_9718.JPG
トランジットのバリにて、調子にのっていた自分へ、今ごろ戒めが来たのかと・・・


The end.
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/3/09(Wed) 09:34

波難民

http://www.baliwaves.com/2016/03/wet-season-on-the-west-coast-4th-march-2016/

こちらの記事を書いたサイトオーナーが、Facebookで投稿したところ、
約40万VIEW、何百シェア、何百コメントがあった様子。
(今はその投稿は削除されていました)

内容は、
チャングーで外国人サーファーが、ローカルサーファーにドロップインされた。
それを理由に外国人サーファーが、ローカルサーファーに殴りかかったというもの。

どちらに原因があった、どちらが悪いという答えは出せないし、
出す必要もないと思う。

IMG_6488.JPG


ただ、インドネシアの波難民は
毎年深刻になっているんだなと感じる。

ここ何年か私にとって経由地として訪れていたバリ島。

先月4年ぶりにバリに行って、やっぱり波はいいし、
探せば必ず人がいないポイントがあり、
食事も美味しいし、楽しいと再確認。
地元に帰ってきたような感覚にワクワクする。


反面住んでいる友人の話しを聞くと、
短期間でどんどん発展していくバリ島。

バリ離れが進み、インドネシア各島へ足を伸ばすサーファー。

他の島では、外国人が島やビーチにキャンプを作るのにコンペティションが進み、

秘境のポイントを売りにするボートトリップ。

インドネシアを卒業し、ニューギニア、ソロモン、マーシャルへ。


IMG_8362.JPG

この間 まだローカルサーファーが一人もいない島を訪れた時、
あるヨーロッパのサーファーが、
「地元の子供に絶対にサーフボードをプレゼントしない、サーフィンも教えない。
あの島や あの島を見てみろ。最初はフレンドリーなローカルも今では中指を立ててくる。
Never give surfboards to local kids.」

それを聞いた時悲しかったな。。。

そういう考え方もあるのかと、
色んな考えがあり、何が正しくてバランスが取れているのか、公平なのか、
絶対に答えはでないのだけれども。

バリ島を訪れる他国のサーファーが、
ガイドと日本人の海の中での行動を
どういう目で見ているのかも知っておく必要がある。

やっぱり人がいない場所で、
波乗りはしたいし、サーファーがこの世に居る限りその欲は絶対になくならない。

私に余るほどのお金があれば、
色んな手を使って、波を独り占めにしているかもしれない。。。(そうはなりたくないけれど)

トランプ氏のようなサーファーだってこの世界にはたくさんいる。

バリの記事を読んで、
お邪魔している側の人間として、ダークな部分も考えなければいけないと思った。







PAGETOP

Posted by:間屋口香