PEOPLE

SURF

間屋口香

間屋口香(Kaori Mayaguchi)

プロサーファー

http://www.kaorimayaguchi.com

四国・徳島県をベースに、サーフィンの楽しさを多くの人に伝えたいと様々な分野で活動中。父親の影響で幼少から海のそばで育ち、中学、高校はマウイ島・オアフ島で過ごしサーフィンの虜になる。16歳で帰国後は、18歳で全日本タイトルを獲得し、19歳でJPSAプロ資格を取得。20歳でJPSAプロツアーチャンピオンとなり、計3回のツアーチャンピオンとなる。ASPにおいてはWQS6☆にて5位の自己最高記録保持。WQS2008年ランキング23位。2010年に25歳でコンペティションシーンから引退する。 現在は国内外の様々なスポットに出向いて、フリーサーフィンをメインに活動。ショートボードにこだわらず、様々なスタイルのサーフィンを模索している。2009年にホームの徳島県海部郡宍喰にオープンさせたPavilion Surf(パビリオンサーフ)では、キッズ無料サーフレッスンや、SUPクルーズのツアーも行っている。

Sponsors:ROXY, REEF, OMER, Tools(1world), Cocosunshine(SnipeSports), DHD Surfboard, PavilionSurf,H.L.N.A

Instagram

2015/9/07(Mon) 17:55

when I turn to 60...

気がつけば9月。 

 すばらしい2015年の夏、 忘れられないある出来事の記録をしようと思います・・・(独り言ブログです) 

リョータマンのご両親とお兄さんが東京から来てくれました。 
初めての海陽町。 

 リョータマンと私はお父さんにチャレンジしてもらいたいことが二つありました。 

 SUPとサーフィン。 

 69歳のお父さんにとっては、どちらも体験したことがないもの。

IMG_5559.JPG

「え〜〜〜〜」といいながらも海に入ってきてくれたお父さん。

ちょっと照れているのか、
最初のレクチャーがテキトウ(?)なリョータマン。

それでもお父さんは正座でぐんぐん漕ぎ出します。


最初、2回だけ海にドボーーーン!と落ちるものの、
一度コツをつかむとスイスイ〜〜〜〜と自由自在にSUPを操れるようにりました!

リョータマン、逸平お兄ちゃん、私が砂浜で休憩していても
ひたすら漕ぎ続けるお父さん。

心配になって私達が沖まで迎えに行きました(笑)

IMG_5578.JPG

60代で新しいことに挑戦する意欲に感動です!!

ただ、
リョータマンのお父さんはエベレストのベースキャンプまで何日もかけて登山をしたり、
冬はスキー、暇さえあれば国内でも登山に行くというスーパーマン。

SUPっぷりを見て、
これは波乗りもいけるだろう!
と盛り上がり、
翌日は台風ウネリが押し寄せる白浜海外に行くことに。

IMG_5585.jpg

轟の滝の山道は、
私が追いつけない早さで山を登っていました・・・


そしてThe Day。

69歳、初めてのサーフィン!!

IMG_5601.JPG

始めはリョータマンがアシスタントをしながら、
1本目からボードの上に立てました!!

見ている皆感動です!!

リョータマンも
まさかお父さんがサーフィンしている姿を見れるなんてと、大喜び。

IMG_5614.JPG

何本も乗れました。

IMG_5619.JPG

逸平お兄さんも初ウェーブSUPにトライ。

新しいことにチャレンジするって勇気が必要ですが、
満足度も高く楽しい!

IMG_5608.JPG

何本も乗って、
次の日もサーフィンに行きたそうだったお父さん・・・

パビリオンでお買い物していただいて、
サンダルから全身サーファースタイル。

見た目も若く、晴れてサーファーになれました笑

IMG_5596.JPG


お父さんがSUPとサーフィンに挑戦する様子をずっと見ていたリョータマンのお母さんも、
とてもとても嬉しそうでした。

またすぐに来てくれるかな?

リョータマンファミリーからパワーをもらえた忘れられない夏の出来事でした。
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2015/8/21(Fri) 11:34

四国【8/31日★10~12時キッズ無料サーフィン体験】

【8/31日★10~12時キッズ無料サーフィン体験】 

この夏休み、台風で出来なかった子、私の都合が合わずお断りしたキッズ、ご都合会えばぜひ参加してください♩

★日時・場所★
8月31日 9時半パビリオンサーフ集合
パビリオンサーフの裏のビーチで開催予定です。
(海の状況によって変更する場合もあります)
パビリオンの更衣室・シャワーを使っていただけます。

★対象★
小学生以下としていますが、お兄ちゃんお姉さん、乗れるキッズもご参加くださいね。
自分のボードを持参して一緒にサーフィンしましょう♩

★昼食★
サーフィン後、皆で一緒にランチはいかがですか?
500円でお弁当とお飲物をご用意します。申し込み時にお知らせください。

★受付★
参加は無料です。サーフボードはこちらでご用意いたします。
パビリオンサーフ 0884-76-3277 もしくは pavilionsurf@yahoo.co.jp まで。
お子様の年齢とお名前、お電話番号、ランチの有無をお知らせください。


スクリーンショット 2015-08-21 11.21.47.png

スクリーンショット 2015-08-21 11.23.34.png

スクリーンショット 2015-08-21 11.24.21.png



PAGETOP

Posted by:間屋口香

2015/7/09(Thu) 20:20

人の意識というもの

先日、
海部の河口に一人の自転車に乗ったおじいちゃんがやってきました。

私「こんにちは〜」

ニコニコおじいちゃん「お〜〜〜♩」

おじいちゃんは
そのまま階段を降りて
バレルを抜けているサーファーの方に、
河口へ近寄って行く。


と、おもむろに腰にぶら下げていた
ビニール袋と、
片手にもった新聞紙の包みを・・・

...河口に投げ入れた!

私 心の中で
「ガビーーーーーーン」
「あーーーーーーーっ」



おじいちゃんに声をかける気も起こらず、
怒りも沸き上らない。

IMG_2142.JPG



珊瑚礁に囲まれた
発展途上国の美しい島々でも同じ光景を何回も見てきました。

海が汚れるって思わないのかな?
捨てる事への罪悪感が無いのかな?

色々考えた中で、この人達に罪は無いのかもしれないと思い始めました。



この人達は、
昔から自然のものを生活の中で使って、
要らなくなれば山、川、海に捨ててきた。

それで良かったんだ。

でも彼らのエリアに
プラスチック、ビニール袋が増えてきた。

人間の知識ですごい物がいっぱい作り出されて、
でも作った側は、世に送り出した後のことは知らんぷり。。。

あの人達は昔から何も変わっていないかもしれないのに。


IMG_2152.JPG


でも私たちの世代はゴミが海や生物達に悪影響があることを理解できます。

私はいついつ、どこどこでビーチクリーンをやります。というのは苦手です。
(サーファーの存在を町や周りにアピールする良い機会、
汚れたビーチを、皆の力で一気にきれいにできる、
良い動機や、メリットがたくさんあるけれど、その反面、
イベント性があり、売名行為ともなり得ることがひっかかるんです)

でも、個人でゴミを拾うことへの限界もすごく感じるようになりました。




今3つの台風のスウェルが四国に届き始めています。

間違いなく大量の自然のゴミと、
人間が作り出したゴミが日本の海岸沿いに到達しそうですね・・・

スウェル後のビーチパトロールもいつもと違う目線で見てみようと思います。


何が言いたいのか分からない記事になってしまった(T.T)

きれいな海をキープしたいと思うと同時に、
溢れるゴミに一人ではどうしようもない現実、
人の環境や育ちで意識がそれぞれ違うリアルに直面して、この記事を書いてしまいました。。。


台風の被害がでませんように。

いいスウェルだけが届きますように〜

PAGETOP

Posted by:間屋口香

2015/6/22(Mon) 19:01

星空マップ

Facebookを見ていると、知人が面白い記事をシェアしていました。

「住みたい県ランキング」表。
どこまで正確な情報かは分かりませんが・・・

私が住んでいる徳島県は、びりから2位!
すごい!!おめでとう!!

10918992_921419361222700_6551487955472529251_n.png


どこまでもポジティブに考えると、

・まだまだ知られていない秘境がたくさん残っている。
・人が少ないため、静かでリラックスした生活を送れる。
・自然があるがままの姿を他のエリアよりキープできている。
・人が少ないということは、街も小さく、明かりが少ない=星空がきれい。

などなど。。。

"星空がきれい"というポイントは
私の中で特に重要で、宇宙を感じられる大好きな瞬間。

でも、徳島県南、宍喰(シシクイ)は一体どれくらいきれいなのか?

考えてみました。



ちなみに今まで記憶に残るほどきれいな星空は下記の通り。

☆オーストラリアのフォスターというエリア。

☆もう一つはメンタワイ諸島。
ボートトリップに行った時。
新月の夜、面ツルの海に鏡の用に、星が写って海面がキラキラしていた時は、
「これを見れただけでもここに来てよかった!」
と思いました。

☆そしてもう一つは、今の自分の家。
人工衛星、流れ星、塵のような星達が見えます。



ネットサーフィンしていると、
面白いマップを発見。

2014-06-22-20140620155542.jpg

日本でどこでどんな星空が見えるのか、
色で分けられたマップ。

夜の暗さにはボートルスケールというものがあるらしく、
1〜9のレベルで分けられているもの。

黒   (1)    優れた光害フリーの土地
グレー (2)    代表的な真に空が暗い土地
青   (3)    田舎の空
緑   (4)    田舎と郊外の境
黄   (5)    郊外の空
オレンジ(6)    明るい郊外の空
赤   (7)    郊外と都市部の境
白   (8)(9) 都市部の空


嬉しいことに、
宍喰エリアはダークカラーゾーン!

2014-06-22-20140620155656.jpg


ちょっと田舎に行っただけ、山の中に入っただけでは
きれいな星空は見えないようです。

街や住宅地から遠ざかることで、肉眼では分からない暗さの違いがでるみたいです。

2014-06-22-20140620160800.jpg


英語ですが、こちらのリンク↑から自分が調べたいエリアのレベルを調べられます。

日本にもまだ
たくさんのダークゾーンが残っていてホットしました。

スクリーンショット 2015-06-22 19.19.11.png


宍喰・・・
映画館まで車で2時間、
行きませんがマクドナルドまで1.5時間(笑)

ここはそんな場所です。

でもこんな辺ぴな所まで来てくださるサーファー、釣り人、バックパッカー・・・大勢いることが嬉しいです♩

びりから2位な徳島♩
大好きです。


PAGETOP

Posted by:間屋口香

2015/6/17(Wed) 17:15

Reef Japan

まず最初に
ロブマチャドが日本に来るにあたって、
REEF Japanが私を2日間のツアーによんでくださった、
この事にとっても感謝したい。

徳島と東京の飛行機のチケットを出して頂き、
宿泊にしろ、何から何までケアしてくださった、
リーダーの竜君と、チームの皆さま、ありがとうございました。

IMG_5041.jpg

「ロブマチャドが日本に来る」
これはミーハーではなくても、
普通にサーフィンをしていれば、本人に会って彼の思考やパワーを感じたいと思うはず。

個人的には10年ほど前にイベントで一緒だった他は、
トラッセルズやハワイの海で遠目で見るだけ。

今回二日間を共にすることで、
少しではあるけれど彼がいかにサーファーであるか、
人として優しい人間かを分かることが出来ました。

IMG_4918.jpg

雑誌で語られるロブマチャドとは、
メロー、優しい、家族・子供好き、環境について考える、海が好き、スタイルあるものが好き、
そんな感じでしょうか。

まさにそのままでした!
メディアが大げさにロブのイメージを作り上げたり、隠したり、そんなことは一切ない。。。

IMG_5005-1.jpg


もう一つ気づいたのは、ユーモラスを持ち合わせていることでしょうか。

「イクラのおにぎり」を車で食べている私を見て、
「ライスナゲット」と反応し、「サーモンエッグ」について語り出したロブ。
DVDで見るロブとは違う面白い場面を見せてもらいました。

S__42483765.jpg

このツアーで特に感じたことがもう一つ。

REEF JapanとHLNAの代表である中村竜氏。

そしてREEFアンバサダーである大野マー君。

この2人が、ロブと同じ空気感とリズムを持っていること。

原宿でも、千駄ヶ谷のロンハーマンでも、
この3人は何にも流されることなく、そこに一人のサーファーとして立っている、
なんだか不思議な共通のオーラを放っていました。

FullSizeRender.jpg

ロブも2人のそれを感じ取るのでしょう。

3人が一緒にいても、ロブだけ浮く、といういう風に感じませんでした。

このチームだからこそ、
ロブ、ペイジ、その他REEF USAチーム、
デザイナーやサーファー・・・
素晴らしいメンバーが今回同じ場所に集結できたのでしょう。

IMG_4475.JPG

関係者の皆さま、
かなり前からスタートした準備、
当日の段取りやその後の片付け。。。
ありがとうございました。

これからのREEF Japanが楽しみです。
一緒に盛り上げていけますように!!

Thank you everyone!!


PAGETOP

Posted by:間屋口香