PEOPLE

SURF

間屋口香

間屋口香(Kaori Mayaguchi)

プロサーファー

http://www.kaorimayaguchi.com

四国・徳島県をベースに、サーフィンの楽しさを多くの人に伝えたいと様々な分野で活動中。父親の影響で幼少から海のそばで育ち、中学、高校はマウイ島・オアフ島で過ごしサーフィンの虜になる。16歳で帰国後は、18歳で全日本タイトルを獲得し、19歳でJPSAプロ資格を取得。20歳でJPSAプロツアーチャンピオンとなり、計3回のツアーチャンピオンとなる。ASPにおいてはWQS6☆にて5位の自己最高記録保持。WQS2008年ランキング23位。2010年に25歳でコンペティションシーンから引退する。 現在は国内外の様々なスポットに出向いて、フリーサーフィンをメインに活動。ショートボードにこだわらず、様々なスタイルのサーフィンを模索している。2009年にホームの徳島県海部郡宍喰にオープンさせたPavilion Surf(パビリオンサーフ)では、キッズ無料サーフレッスンや、SUPクルーズのツアーも行っている。

Sponsors:ROXY, REEF, OMER, Tools(1world), Cocosunshine(SnipeSports), DHD Surfboard, PavilionSurf,H.L.N.A

Instagram

2016/12/20(Tue) 09:07

Mt.Asahidake


IMG_6802.JPG

山の上。

マイナス十何℃

風速15m以上

視界不良

方角も分からなくなり、数メートル先の地形がどうなっているか全く見えない

先頭のトシさんの姿がかすむ

15644480_1559197654094506_1373256204_n.jpg

完全にトシさんに命を預けている状況


ここの山での遭難、事故の話し、トシさんの経験を色々聞いていたので
不安ながらも落ち着けることができた

ハルさんも、シュガーちゃんもしっかり私の表情、呼吸、動きを見守ってくれているのも分かる

なんともすごい体験をさせてもらった


先が、下が
見えない所を
落として!って言われた時はどうしたものか・・・と思ったけれど笑


これはサーフィンのレッスンと同じで、
この人が不可能なこと、危険なことを やれとは言わないだろう・・・と勝手に解釈。


なんせ私には全てが新鮮。

ヒマラヤで7時間、上りっ放しの時より、
よっぽどハードだった笑


image1.PNG

自然の静けさ
雪の音
太陽の光
暖炉の火

素晴らしい。

image2.JPG


PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/12/14(Wed) 10:34

火葬場

海の無いネパール、

ヒマラヤ意外で私を強く呼び寄せたのは、
カトマンズにある「パシュパティナート」火葬場。

IMG_7329.JPGのサムネイル画像

死への免疫があまり無い日本。(と思う)


自分が知っておかなければいけない部分、
とうてい理解はできないだろうけれど、
少しでも分かりたい部分。

「魂」というものは人それぞれ受け方、取り方が違うけれど、
それを私はまだつかめていない。

IMG_6651.JPG

帰国の前に、パシュパティナートに来る事ができた。

ガンジス川へと流れる、バグマティー川にある火葬場。



お金がある無しで、見え方は違うものの、一連の流れは同じ。
その流れを見る事ができた。

IMG_7342.JPG

故人を清めるために、川の水に浸し、
供え物をしてから、火をつける

数時間かけて残ったお骨や灰は、そのまま川へ落とされる

その横で、その場で、
サルやカラス、野犬達が生きている

沐浴、洗濯をする人達もいる

輪廻転生を信じる人達の生き方



ここで感じたことは、上手く言葉で書くことはできない。

死の大きさは、人間皆同じ大きさ。
カースト制度があれど、貧富の差があれど。
今は必ず全人類に訪れるもの。

家族、仲間、生と死、欲、自由意志、そんなものを考える場所だった。

sahdi.png

パシュパティナートとはお寺であり、ヒンズー教徒達の聖地らしい。
遠くインドからもサドゥ(修行者)が集まる場所。

裸同然のスタイルで、髭までドレッド、顔や身体に塗料をぬりたくり、ヤリのようなものを持っている。

なんともつかみ所のない、そんな場所だった。





PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/11/23(Wed) 17:02

日本海波乗りカニトリップ

生まれ故郷京都。 日本海波乗りカニトリップに来ています。 IMG_9634.JPG 仲良し仲間との旅は面白い。
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/11/18(Fri) 09:21

バックパッカーガールズ

オーストラリアからバックパッカーの女の子3人が四国の田舎、宍喰にたどり着いた。 

昨日、SUPクルージングに行くと、 水着でバシャバシャと泳ぎ始めた♫ IMG_9496.JPG


 
11月というワードに左右されるのではなく、 今 体感している空気で、身体が何をしたいか、正直でいられることは素晴らしい♫
PAGETOP

Posted by:間屋口香

2016/11/06(Sun) 14:12

あっぱれ旅

小笠原諸島に行くはずが、数日間フェリーが出港できないと言われた。 その通告を受けた1時間後には 沖縄への航空チケットを押さえ、宿とレンタカーの手配も完了。 女子3人。我ながらあっぱれな旅でした。 IMG_8866.PNG
PAGETOP

Posted by:間屋口香