PEOPLE

SURF

三浦安間

三浦安間(Yasuma Miura)

photographer

1978年8月17日生まれ。海と山に囲まれた鎌倉で育つ。波乗りをしながら世界を旅し、海とサーファーを撮り始める。海での撮影をライフワークとし、雑誌、広告、エディトリアルなど様々な分野で活動中。2007年 株式会社49film設立。2010年 Studio 49 Daikanyama開設。

Instagram

2014/9/01(Mon) 23:23

たび 2

 

先日書いた旅の続き・・・

カリフォルニアへ行ってきました。

この写真は8月31日売りの雑誌オンザボードに掲載予定です。

(・・・でてますね。ネカせすぎました)

その残念ながら戦力外通告を受けトライアウトに引っかかった大好きな写真たち

 

SanO_0066.jpgのサムネール画像

SanO_0063.jpgのサムネール画像

SanO_0238.jpgのサムネール画像

SanO_0308.jpgのサムネール画像

SanO_0341.jpgのサムネール画像のサムネール画像

SanO_0349.jpgのサムネール画像

SanO_0135.jpgのサムネール画像

 

海で一日過ごす事。

 

最近ほとんどなくってしまった・・・

家が近い事もあるけど波がなくなってしまったり、予定があったり、

 

自分にとって何が必要で何が必要じゃないか解らなくなっていた。

何で波乗りをやっているのか、写真を撮り始めたのか、

これがやりたくて始めたのに・・・

以前のパチタン、今回のCAともに

神様が迷える子羊を道に戻してくれたに違いない。

原点回帰。

もっとシンプルに生きようと思いました・・・


辣腕編集長Mioくんをはじめ、ライダーのみんな、お世話になった皆様

本当にありがとうございました。

 

5K6T6727.JPGのサムネール画像

今回の旅はウナクネ総帥ことNAKIさんなしではなしでは考えられませんでした。
本当にありがとうございます。

写真もさることながら、波乗りが半端じゃない!
どちらも勉強になりました!

NAKIさんのinfo

http://www.nakisurf.com/blog/naki/

 

 

 

 

PAGETOP

Posted by:三浦安間

2014/7/22(Tue) 11:52

たび 1

 

かなり長い事ご無沙汰してしまいました。

 

久しぶりだとネタがたまっているので

良いものをと思い選んでいるうちにまた旅かなんかして

こちらも書きたいということになりその繰り返し・・・

 

自堕落&負のスパイラルに陥っていました・・・

と言い分けはこの辺りにしておいて。

 

書いていない間にいくつか旅してきました。

久々に旅らしい旅。

2回に分けて。まずは中村竜くん、山田潤くん、瀬筒雄太くんの3人と

インドネシアのイーストジャワに行ってきました。

 

 

1_0128.JPG

wave

Ryu Nakamura_0034.jpg

ryu

Yuta Sezutsu_0008.JPG

sezuta

1_0125.JPG

jun

2_0367.JPG

7_0061.JPG

 

初めての場所・・・

最高でした。

波、自然、仲間、食事、全てがパーフェクト。

 

朝起きて波に乗り 朝飯を食べ 海に戻る

ご飯を食べ 昼寝をして 起きたら自然の中を散歩して 波に乗る

そして晩ご飯を食べながら一日を仲間と振り返り 寝る

その繰り返し。

 

とてもシンプルな場所。

 

自分が何がしたくて写真を撮っているのか

自分に何が大切か思い出させてくれる場所でした。

もし死ぬ前にどこに行くと聞かれたら

水中ハウジングと板を3本持ってここに戻りたい・・・

竜くん、潤くん、雄太ありがとう。

PAGETOP

Posted by:三浦安間

2014/4/30(Wed) 22:04

らいばる

 

あれは中学か高校の時だったと思う。

ギリギリ割れるスネ波の海にサーファーが一人だけ入っている。

『またあいつだ・・・』たぶん年は同じくらい、

自転車でどこからか来ては、どんな波でも入り、また自転車で帰っていく。

『くっ!』

俺は急いでウエットに着替えるとショートボードを持ち海へ急ぐ。

広いビーチに2人きり。

お互い認識はしているものの挨拶は絶対しない。

意地でもしない。

 

実力も同じくらい。

お互い意識しながらも静かにピヨピヨの波乗りを見せつける。

沈黙の中、毎回静かなヒートがスタートする。

 

ただ、バイトなのか何なのかそいつの方がだいたい先に上がる。

一人だとものすごくつまらない波だけど悔しいからしばらく入っている。

でも結局あがる。

 

そんな繰り返しがしばらく続いていた。

 

あるとき鎌倉の大先輩、プロサーファーの奥田哲さんが海で

『こいつ原田っていうんだけどお前と同じくらいだから仲良くしろよ。』

とそいつを紹介してくれた。

『あ、よろしく。』

『よろしく』

何か気まずい感じはあったけど、

それからすぐ仲良くなった。

年も同じだったし、お互いどんな波でもやるから会う機会も多かった。

会うといつもうまくなりたいという話のリピート。終わりがない。

その後、自分は写真の道に進み、彼はうまくなり続けた。

 

いつか2人で支部予選で勝って鎌倉代表として全日本へ行きたい。と話していたが、

当時は、中村竜くん、大木新次くん、AJさん、吉川佑二くんなど

全国にも名前が売れているホットな先輩方がいたためそれは夢のまた夢だった。

 

でも彼はあっという間にその夢を叶え、今年8年連続の優勝を決めた。

2人でという夢は3年前に初めて叶い、一緒に全日本へ行った。

今度の夢は全日本で1番になる事。

 

そんな夢を今回も先に叶え、彼は今日世界選手権に旅立っていった・・・

 

Go! 原田俊広!材木座から世界へ!

 

今回は写真展が重なり応援に行けないけど

鎌倉からライブで応援するよ!

エクアドルと鎌倉、お互い全力で走るべ。

 

 

 

PAGETOP

Posted by:三浦安間

2014/4/28(Mon) 11:10

あんしつ

 

写真展用のプリントのため3年ぶりにカラーの暗室へ行った。

その前も間が空いていたので実質5年以上ぶりな感じ。

 

東新宿にあるWorks

20代いったいどれだけの時間をここで過ごしただろう。

 

初めて行ったのは23くらい。

慣れない新宿の街を、海の写真のネガを握りしめて

歌舞伎町、ゴールデン街、職安通を通って暗室へ。

朝から晩までいるから、早朝の新宿、夜の新宿、

見た事のない人種の人間模様に毎回ドキドキしたのを覚えてる。

 

ただそんなもの比にならないくらいの刺激が

当時のWorksにはあった。

 

image-4.jpeg

焼きつけたら現像機に流す。

image-2.jpeg

寝てるけど現像機・・・

出てきたら表に張ってプリントの色を確認する。

 

だからどうしても色々な人の写真が目に入ってくる。

 

その写真がすごすぎて・・・

 

第一線で活躍している人が多いため

そこで見た写真がファッション誌の表紙、特集に毎月なり

駅のどでかい広告、なかには木村伊兵衛賞を取ったものもあった。

そんな強烈な刺激の中、わずかな自信を根こそぎ持ってかれながら

毎回、黙々と海の写真を焼いていた。

 

ワークスはオーナーの伊藤さんの人柄か

優しい人が多く暗室の中はアットホームで

色々なプロとの写真談義、プリントについて、くだらない世間話までも

全部が楽しく自分の写真に対する気持ちに刺激をくれた。

 

話は戻って・・・

今回は久しぶりだったけど

昔の記憶、当時の気持ち、色々思い出しながら焼いたプリント作業は本当に楽しかった。

 

プリントが出てきた時の感動、悩み、ドンピシャで焼けた時の喜び。

 

あまりこういう事はいいたくないけど、

今のデジタル写真にはない魅力を感じざるを得なかった・・・

 

工程もデジタルに比べてかなり多いので、お金も時間もたくさんかかる。

一日こもっていても納得いくプリントがほとんどできない事もある。

割の合わない事だらけだけど、でも自分にとってプリントは自分の子供と同じ、

最後まで自分の手で育てたいし一枚一枚に思いと気持ちがあるので妥協はしたくない。

 

おかげで今回もまたワークスに寄付してしまったw

このぺーすだと後2日は朝から晩までかな・・・ 

あと少し頑張らないと・・・

 

今回の写真展はフィルム、デジタル半々だけど、

次回は全部フィルムがいいなと思った今日この頃でした。

 

PAGETOP

Posted by:三浦安間

2014/4/02(Wed) 08:28

あるなつのおもひで

 

ホームページ用に写真を整理していたら懐かしい写真が出てきました。

ちょうど5年前かな・・・

先輩と行った2泊3日の千葉です。

 

01_0001.JPG

01_0002.JPG

01_0003.JPG

01_0004.JPG

01_0005.JPG

01_0006.JPGのサムネール画像

01_0007.JPGのサムネール画像

 

01_0008.JPG

01_0009.JPG

01_0010.JPG

 

竜くんとの旅は楽しい。

現在夏に向けて旅計画中・・・

PAGETOP

Posted by:三浦安間