BRAND BLOGS

Cl Surfboards

Cl Surfboards(チャネルアイランズ サーフボード)

http://cisurfboard.jp/

1969年サンタバーバラにて設立。創設者でありシェーパーのアル・メリックとそのチームライダーが生み出すサーフボードは世界最先端として常に注目を集める。その歴史の中にはトム・カレンやケリー・スレーター、ロブ・マチャドやデーン・レイノルズなど世界一流のサーファーが名を連ね、確固たる地位を確立している。

Instagram

2016/3/22(Tue) 00:40

ティミー・カランが最新のフレックスバー・テクノロジーのThe Samplerを解説


カリフォルニアの波が止まらない...。エルニーニョが送り出すうねり...。我々は映像や写真などあらゆるメディアでその様子を見ることができる。今年の冬は記憶に残るシーズンになったことは間違いないし、みんな満足したことだろう。この映像は、ティミー・カランが混雑無縁のホームポイントにおいて、我々がフレックスバーと呼ぶ最新テクノロジーで制作されたニューモデルをテストしたものだ。


5'7"×18 3/4"×2 3/16" 24.7L The Sampler 

490A7939.jpg

チャネルアイランズによる特許取得のフレックスバー・テクノロジーの紹介:フレックス、反発、共鳴はサーフボードの性能に大きく関わっている。フレックスをコントロールし、それを利用することは、サーフボードのパフォーマンスレベルを次の段階に引き上げるということだ。このフレックスバーは、後ろ足付近のエリアに焦点を当て、その部分を改良することによって、縦方向とねじれの両方のテールフレックスで得られたエネルギーとバネをできるだけ効率的に利用するテクノロジーだ。また、サーフボード全体に施された異なる密度のフォームとファイバーグラスのコンビネーションを活用することによって、フレックスバーはサーファーがマニューバーを通じてサーフボードが持つエネルギーを利用し、それを感じることを可能にしている。


このEPS/エポキシ構造のサーフボードは、PUPEのものよりも耐久性に優れていることが証明されている。

Flex-Bar-1のコピー.jpg

490A7941.jpg


撮影&映像:ショーン・スタンレー


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2016/3/05(Sat) 17:36

ディオン・ペリオ×The Fred Stubble


リップカールがミラージュのキャンペーンのためにディオンの映像を編集したバージョンがこれ。

ディオンが乗っているのはThe Fred Stubble

こうした小ぶりのコンディションのときにはパーフェクトなボードのようだ。


5'9"×18 3/4"×2 1/4" 25.7L The Fred Stubble EPS / Epoxy


Screen-Shot-2016-02-22-at-10.02.05-AMのコピー.jpg   


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2016/2/12(Fri) 11:30

ネクストジェネレーション:ジョサイア・アミーコ

Screen-Shot-2016-02-02-at-9.21.25-AMのコピー.jpg

Surflineはアップカマーの注目すべき存在としてジョサイア・アミーコにスポットライトを当てた。リンコンのようなポイントブレイクでサーフィンをしながら育ったジョサイア。彼が誰からサーフィンの影響を受けたのか、それを想像するのは難しいことではない。少し名前を挙げれば、コフィン兄弟、デーン・レイノルズ、トム・カレンなどがそうだ。


Screen-Shot-2016-02-02-at-9.22.26-AMのコピー.jpg
Screen-Shot-2016-02-02-at-9.23.12-AMのコピー.jpg
Screen-Shot-2016-02-02-at-9.47.51-AMのコピー.jpg

5'7"×18"×2 1/8" 22.4L The Fred Rubble


すべてを見たい人はSurflineへ:http://www.surfline.com/surf-news/keep-your-eyes-on-this-ventura-county-up-and-comer-next-gen-josiah-amico_135367/


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!


PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2016/2/02(Tue) 19:27

The Dill & Beeg Project


The Dill & Beeg Projectは僕たちの1年に及ぶ旅のベスト版フッテージなんだ。こうした自身のプロジェクトを立ち上げることができてとても嬉しいし、このフィルムを作品として仕上げる手助けをしてくれた人たちすべてに感謝したい。特にアンドリュー・シェーナーの働きには頭が上がらないよ」 ディオン・ペリオ&ブレンドン・ギベンス


Screen-Shot-2016-01-26-at-9.47.30-AMのコピー.jpg

A056_C006_0420SN.0000081.jpg

Screen-Shot-2016-01-26-at-9.44.48-AMのコピー.jpg

Screen-Shot-2016-01-26-at-9.45.30-AMのコピー.jpg


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2016/1/22(Fri) 10:57

エルニーニョ・アップデート


エルニーニョ現象の影響がここカリフォルニアでも見られている。上の映像は18日金曜日の午後1時から3時の間にリンコンで撮影されたビデオだ。コンディション的にはややソフトな波だったが、サーファーたちにはあまり関係なかったようだ。パットとタナーのガダスカス兄弟がローカルのデーン・レイノルズとともにセッション!


Screen-Shot-2016-01-10-at-8.39.25-PM.png


前日の7日木曜日は波がやや大きく、まとまりもなかったので、誰もがジェティやハーバーの入り口などうねりを交わす場所に集まってきていた。有名なサンドポイントも真価を発揮。写真と映像は以下の通り。


IMG_2967.jpg

IMG_3027.jpg

IMG_2970.jpg

IMG_2991.jpg

IMG_2984.jpg

IMG_3042.jpg

IMG_3059.jpg

IMG_3068.jpg

IMG_3076.jpg

IMG_3097.jpg

IMG_3128.jpg

IMG_3108.jpg

IMG_3107.jpg

IMG_3126.jpg

IMG_3099.jpg

IMG_3136.jpg

IMG_3138.jpg

IMG_3150.jpg

IMG_3154.jpg

IMG_3156.jpg



写真:ショーン・レシュ

映像:サーフィン・マガジン

 

その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards