BRAND BLOGS

Cl Surfboards

Cl Surfboards(チャネルアイランズ サーフボード)

http://cisurfboard.jp/

1969年サンタバーバラにて設立。創設者でありシェーパーのアル・メリックとそのチームライダーが生み出すサーフボードは世界最先端として常に注目を集める。その歴史の中にはトム・カレンやケリー・スレーター、ロブ・マチャドやデーン・レイノルズなど世界一流のサーファーが名を連ね、確固たる地位を確立している。

Instagram

2015/8/20(Thu) 22:05

モロッコでのデーン、イェデン&ディオン


デーン・レイノルズ最新ショートフィルム、"Boiler Boys"

出演:デーン、イェデン&ディオン||撮影:アンドリュー・ショーナー&ジェイソン"ミニ"ブランチャード||ディレクション:デーン・レイノルズ

2週間に渡るモロッコトリップの間に撮影されたこのショートフィルムで、ライダーたちはオフショアの吹く壁のような波の上に大きなトラックを刻んだ。

ヘッドシェイパー&デザイナーのブリット・メリックが、このフィルムの中でデーンが乗っているボードについてコメントしている。

「The Black & Whiteは私が去年の秋にデーンのために作って、カリフォルニアのポイントブレイクで好んで使っていたハンドシェイプのボードを元に、デーンと私が開発したモデルなんだ。最近リリースされた"Sampler"を見てもらえれば、ちょっとだけだけどデーンがこのボードに乗っているシーンを見つけられると思うよ。デーンはこのモロッコトリップでもそのときの変形版を使っている。このときのトリップで撮った写真が今年のサーフィンマガジンで表紙になったんだけど、それで乗っていたのがThe Black & White変形版。デーンは、すごく調子のいいMBM(このモデルは覚えてるかな?)みたいな感触だって言っていたけれど、それってダウンザラインのときにすごく速くて、レール・トゥ・レールのときにすごくルースだっていうことなんだ」

デーン:6'0"×19"×2 3/8" The Black & White

イェデン:5'10"×18 5/8"×2 1/4" The Rookie 15

ディオン:5'10"×18 1/2"×2 5/16" The Proton


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2015/7/29(Wed) 09:09

セバスチャン・ジェッツ//カリフォルニア&タヒチ


カリフォルニアとタヒチで撮影されたウェスレー・ラーセンによるニューフッテージで、セバスチャン・ジェッツがシャープなライディングを見せる。


5'11"×18 3/4"×2 5/16" 26.8L The Rookie 15


6'4"×18 5/8"×2 7/16" 29.8L The Taco Grinder


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2015/7/24(Fri) 11:37

ジョディ・ロウラーinオーストラリア

 

CIオーストラリアのチームライダーであるジョディ・ロウラーがオーストラリア東海岸を廻って波を探った。

5'9"×18 1/4"×2 1/4" 24.8L The Girabbit 

映像:ジョエル・バーカー

その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!    
PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2015/6/30(Tue) 11:44

Stab Magazineの"Stab in the Dark"、チャネルアイランズ



Stab Magazineのサーフボードを製作する"Stab in the Dark"プロジェクトにおいて、CIのヘッドシェイパーであるブリット・メリックに行ったインタビュー。サーフボード・デザインおよびCIの歴史について学んでみよう。


変形版のThe Fred Rubble6'0"×18 3/4"×2 5/16" 27.5L


stabmag.comからの引用:


ブリット・メリック、42歳。レジェンドシェイパー、アル・メリックの息子だ。彼が誰からシェイプの影響を受けたのか、それを言い当てるのはまったくもって難しいことではない。彼は25年ものシェイプ歴を誇り、Stab in the Darkのために彼が作ったボードは、チャネルアイランズの数あるモデルの中でポピュラーなものの一つ、The Fred Rubbleに手を加えたバージョン。「唯一の大きな変化は、足の間のエリアに施されているロッカー、特に前足の前方部分のロッカーに手を加えたこと。スピード性能を高めるためにそのエリアのロッカーを抑えめにしてストレート気味にしたんだ。形がよくて、波の斜面が急で、ダウンザラインできるスナッパーロックスのようなポイントブレイクとかは、このボードには合ってるはずだよ」


続きを読みたい人はstabmag.comへ(英語)。


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards

2015/6/08(Mon) 20:24

The High 5に乗るティミー・カラン

  

ティミー・カランが最新モデルのThe High 5に乗り、自身の見解を述べてくれた。


映像:テイラー・カラン


その他、最新情報をCI WEBにてチェック!!

PAGETOP

Posted by:Cl Surfboards